C#ユーザー会 //build/ 2016振り返り 勉強会

2016-05-21(土)13:00 - 18:20

日本マイクロソフト セミナールームA

〒108-0075 東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー

赤坂玲音 南夕希 Miyamoto  Satoshi Atsushi Nakamura akira6592 Homare Karusawa Yuki Kan Yui  Ashikaga ちょまど 立野 正之 小松直矢(sakano) ナムアニクラウド 小売業で働く社内SE nntsugu 高野孝之 もり ひろゆき + 65人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

勉強会参加
無料
懇親会
3,500円 会場払い

開催概要

C#ユーザー会&codeseek が開催するC#に関する勉強会です。

今回は、まどすたと合同で、//build/ 2016で出てきた内容を中心とした、振り返り勉強会を開催します。

両勉強会の行き来は自由で、片方で参加登録をして頂ければ、もう片方の勉強会にも参加することができます。

懇親会は別ページで参加受付しています

会場 / 会場設備

日本マイクロソフト 品川本社 (SGT) 31F セミナールーム A にて開催します。
品川駅が最寄り駅となります。

同時開催の まどすたはルーム Bで、行き来自由となります。

電源および無線 LAN (予定) が会場から提供されます。
電源は数に限りがありますので、電源タップをお持ちの方は持参していただけると大変助かります。

受付

12:30 ~ 13:00

  • グランドセントラルタワー 2F 受付にて入館証をお渡しします
  • 会場の都合により、所属とお名前の記入をお願いする可能性があります

スケジュール

C#ユーザー会(本ページ)がルームAでサーバー関連、
まどすたがルームBでクライアント関連のセッションを中心に行う予定です。

時間 タイトル 登壇者
13:00~13:10 挨拶
13:10~13:40 //build/ まとめ(サーバー編) ぶちぞう
13:50~14:40 祝GA、 Service Fabric 概要 近江武一
14:50~15:40 Bot Framework 吉野翼
15:50~16:40 Introduction to Azure Functions トニー
16:50~17:30 Bash on Ubuntu on Windows、ちょっとだけWindows Subsystem for Linux 猪股健太郎
17:40~18:10 C# 7 鈴木孝明
18:10~18:20 クロージング

セッション詳細

//build/ まとめ(サーバー編)

13:10~13:40

ぶちぞう (@kosmosebi)

//build/ 2016で発表されたアレコレについて主にサーバーサイド関連のサマリーと、build以降のupdateについてふんわりお話しします

資料: http://www.slideshare.net/kamebuchi/c-build

祝GA、 Service Fabric 概要

13:50~14:40

近江武一 (Azure MVP, @takekazuomi)

Microsoft の次世代Microservice Platform Service Fabric とは

資料: http://www.slideshare.net/takekazuomi/ga-service-fabric

Bot FrameworkでBot入門

14:50~15:40

吉野翼
@papemk2

Build2016で発表されたBot Frameworkの概要、Botの実装、展開方法などをCognitive Servicesを交えながらお話しします。

資料: https://docs.com/yoshino-tsubasa/8904/botframeworkbot

Introduction to Azure Functions

15:50~16:40

トニー (@TonyTonyKun )

Azure Functions の概要と実運用を想定した使い方をデモを中心に解説します。

資料: https://docs.com/tony-tonykun/2037/introduction-to-azure-functions

Bash on Ubuntu on Windows、ちょっとだけWindows Subsystem for Linux

16:50~17:30

猪股健太郎 (@matarillo)

build// 2016で発表になった『Bash on Ubuntu on Windows』について、これは何のための機能なのか、何ができて何ができないのか、などをまとめてお話しします。合わせて、これを実現する機構『Windows Subsystem for Linux』についても簡単に解説します。

資料: https://speakerdeck.com/matarillo/bash-on-ubuntu-on-windows-tiyotutodake-windows-subsystem-for-linux

C# 7

17:40~18:10

鈴木孝明 (C# MVP)

//build/ 2016 のデモで紹介された C# 7 の新機能を、最新のコンパイラを用いたライブコーディングを通してご紹介します。

資料: https://docs.com/xin9le/6693/c-7-new-features

Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies

コミュニティについて
日本C#ユーザー会

日本C#ユーザー会

日本のC#ユーザーを応援するコミュニティです。不定期に懇親会や勉強会を開催してきます。

コミュニティに参加